Thanks for Early St.Valentine’s Day

「ダーリー、江の島に帰るのはいつですか」「2日」「では今度札幌に戻ってくるのは?」「22日かな」
ふうん(小鼻ピクピク)って感じで、ツキカ虚空を見ていた。こういうときの彼女はとても思慮深く見える。
はて? こんなふうに行動予定を訊かれたことがあったっけな? 大洗で船を降りた俺が茨城芸者とアンコウ鍋パーティを企んでいるのを見破られたか。
いったん出て行ったツキカ、しばらくしてカーテンから顔だけ覗かせて俺を呼んだ。アルパカみたいな目に促されて売場に出ていくと…
「ハッピーバレンタイン~♡」
可憐な、と言いたいところだが、可憐を装ったかなり邪な声で“高気圧ガール”たちが唱和した。
《明日は特別スペシャルデー 1年1度のチャンス~♪ Oh,Darling I love you デュワ デュウワ~♪》なんてリュウⅢがBGM代わりに口ずさんで。
「当日渡せないから」と包みを寄越し、「開けてみてください♡」とツキカが言う。かたわらでオリーヴが例によって左右の目尻に3本ずつ皮溝をこさえて微笑んでいる。
なかに入っていたのが写真のユニクロ超薄ダウンジャンパー、そして「つけたしのチョコ」。
「ダーリー、去年の10月27日からずっとアンダーアーマーのジャンパー着っ放しです。居酒屋臭いからこれに取り替えて、アーマーはクリーニングに出して」とツキ。「あたし持って帰ります」とオリ(彼女んちは「落とせない汚れはない」と豪語するアートクリーニングである)。もう1年が経ったのか…。となれば来月はホワイトデー。
「去年は何を返したかなあ」「徳島直送阿波牛のステーキ肉!」「おいしかったー」「もっと食べたかったー」
「だけどオリ、逆流性食道炎の君がステーキなんか食っていいのか」
「大丈夫です!」
そのころには治っていると言わんばかり。もっともエゾ鹿サラミあんだけ食って平気だったわけだからね。
なにはともあれ今年もクールビューティーズとセクションのみなさんに感謝。

大洗の浜で寒風に吹かれてアンコウの吊るし切りやったけど、これ着てたおかげですごくあったかかった。

イオンモール札幌発寒 化粧品専門店BellTolls バレンタインデーでもらったユニクロの超薄ダウンジャンパー

Bell Tollsからのご案内

2018年10月 ベルトールズ周年祭

アンフィネス キャンペーン

ファンデーションキャンペーン

エクラフチュールキャンペーン

イオンモール札発寒 化粧品専門店BellTolls