江の島だより 1

イオンモール札幌発寒 化粧品専門店BellTolls 大洗名物あんこう鍋

 手前から柳肉(身)、肝、左奥に水袋(胃)、そしてその右側に皮が見えている。判りづらいが人参の左横にえらも。残念ながらぬの(卵巣)と、とも(ひれ)はスープのなか。以上7つの部位を、漁師風どぶ汁で食す。酒は地元の月の井純米。やや酸度の強いしっかりした輪郭と、この蔵特有の麹香が濃厚なあんこう鍋を引き立たせる。
 茨城芸者衆は本人たちの希望でカット。大いに食べ、飲み、喉がふくよかになったところでアカペラをひと節。

~絹の雨に濡れながら 夜明けまでずっと抱きしめていたい このまま~♪

 高山厳とハマショーが入り交じらぬよう注意して、高音を脳天から解き放つと…
「あらあ、それ心中ソングよ」とお芸妓(ねえ)さんたちに言われ、歌詞をよく吟味してみれば、このあとに続く「永遠のしじま」とは確かに“あの世”にちがいない(“高気圧ガール”とこの“フォーエバーマイン”の間を遊弋する達郎の“幅”にあらためて感服した次第)。
 だがこんなに旨いあんこう鍋と酒があり、美しい君たちがいれば、ここを天国と呼ばずしてどこをそう呼ぶ?

 翌朝、江の島までひた走る途中で小憩したイタリア山庭園の大島桜はもう綻んでいた。

Bell Tollsからのご案内

2018年10月 ベルトールズ周年祭

アンフィネス キャンペーン

ファンデーションキャンペーン

エクラフチュールキャンペーン

イオンモール札発寒 化粧品専門店BellTolls